ブランド参考文献

ブランド参考文献

2003/9/18
原田将/井上真里制作

  • Aaker,D. A., (1989), “ManagingAssets and Skill: The Key to a Sustainable Competitive Advantage,” CaliforniaManagement Review, Winter, pp.91-106.
  • Aaker, D. A. (1991), Managing BrandEquity, Free Press.(陶山計介・中田善啓・尾崎久仁博・小林哲訳『ブランド・エクイティ戦略』ダイヤモンド社, 1994年)
  • Aaker, D. A. (1996), Building StrongBrands, Free Press.(陶山計介・小林哲・梅本春夫・石垣智徳訳『ブランド優位の戦略』ダイヤモンド社, 1997年)
  • Aaker, D. A.,(1997),”Should You TakeYour Brand to Where the Actions?,” Harvard Business Review (September-October),pp.135-143.(矢野方樹訳「ブランド展開のマネジメント」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』ダイヤモンド社, 1998年, 66-76ページ)
  • Aaker, D. A. and A. L. Biel (1993), BrandEquity & Advertising: Advertising Role in Building Strong Brands,LawrenceErlbaum Associates, Publishers.
  • Aaker, D. A. and K. L. Keller(1990),”Consumer Evaluations of Brand Extensions,” Journal ofMarketing, 54(January), pp.27-41.
  • Aaker, D. A. and K. L. Keller(1993),”Interpreting Cross-Cultural Replications of Brand ExtensionResearch,” International Journal of Research in Marketing, 10,pp.55-59.
  • Aaker, D. A. and E. Joachimsthaler(2000), Brand Leadership, The Free Press.(阿久津聡訳 『ブランド・リーダーシップ』ダイヤモンド社,2000年)
  • Accountancy(1990),“FinanceDirectors say Yes to Brand Valuation,” January,  p.12.
  • Alden,D. L., Jan-Benedict E.M. Steenkamp,  andR. Batra (1999),”Brand Positioning Through Advertising in Asia, North America, and Europe: The Roleof Global Consumer Culture,” Journal of Marketing, 63(January),pp.75-87.
  • Ames, B. C.,(1963), “Payoff from Product Management,” Harvard Business Review , Nov.- Dec.,pp.141-152.
  • Ames, B. C., (1971), “Dilemma ofproduct/market management,” Harvard Business Review ,March ? April, pp.66-74.
  • Auerbach, A. J. (1988), Corporate Takeovers:  Causes and Consequences, TheUniversity of Chicago Press.
  • Badenhausen, Kurt (1995),“Brands: The managementFactor,” Financial World, August 1,pp.50-69.
  • Badenhausen, Kurt (1996),“BlindFaith,” FinancialWorld, July 8, pp.50-65.
  • Barger,H., (1955), Distribution’sPlace in the American Economy since 1869, PrincetonUniversity Press.
  • Bartels,R., (1988), The History of Marketing Thought, PublishingHorizons, Inc. (山中豊国訳『マーケティング学説の発展』ミネルヴァ書房,1993年)
  • Barwise,P. (1993),”Brand Equity: Snark or Boojum?,”  International Journal of Research in Marketing, 10,pp.93-104.
  • Barwise, P., C. Higson,  A. Likierman, andP.Marsh (1989), Accounting for Brands,  London Business Schooland The Institute for Chartered Accountants in Englandand Wales.
  • Barwise,P. and T. S. Robertson (1992),”Brand Portfolios,” EuropeanManagement Journal, 10, pp.277-285.
  • Bartlett,C. A. and S. Ghoshal (1989), ManagingAcross Borders: The Transnational Solution, HarvardBusiness Press.(吉原英樹訳『地球市場時代の企業戦略』日本経済新聞社、1990年)
  • Bayton,James A. (1958),“Motivation,Cognition, Learning ; Basic Factors  inConsumer Behavior,” Journalof Marketing, Vol.22, No.3 (Jan.), pp.282-289.
  • Bennett, P. D. ed.(1995), Dictionary of MarketingTerms (Second Edition), American Marketing Association.
  • Berthon,P., J. M. Hulbert, and L. F. Pitt (1999), “Brand Management Prognostications,” Sloan Management Review,Winter,pp.53-65.
  • Biel, A. L. (1992),“How Brand Image drives BrandEquity,” Journal of Advertising Research,Vo.32(November-December), RC6-12.
  • Birkin, M. (1989),“The Benefits of Valuing Brands,”in John Murphy (ed.), Brand Valuation, HutchinsonBusiness Books, pp.12-22.
  • Booze,B. V. and C. R. Patton (1995), “The future of consumer branding as seen fromthe picture today,” TheJournal of Consumer Marketing, Vol.12No.4, pp.20-41.
  • Borden,N. H. (1942), The Economic Effects of Advertising, Arno Press.
  • Boush, D. M. and B. Loken (1991),”AProcess-Tracing Study of Brand Extention Evaluation,” Journal ofMarketing Research, 28(February), pp.16-28.
  • Bilkey,W. J. (1951),“The VectorHypothesis of Consumer Behavior,”Journal of Marketing, Vol.16, No.2 (Oct.), pp.137-151.
  • Boddewyn,J. J., R. Soehl, and J. Picard (1986), “Standardizationin International Marketing: Is Ted Levitt in Fact Right?”Business Horizons, Vol.29 No.6,pp.69-75.
  • Bradley, J. W. and D. H. Korn (1979),“Acquisitionsand Mergers: A Shifting Routeto Corporate Growth,” Management Review, Vol.68, No.3,pp.46-54.
  • Brink,Edward L. and W. T. Kelly (1963), The Management of Promotion: ConsumerBehavior and Demand Stimulation, Prentice-Hall.
  • Britt,S. H. (1950),“The Strategy of Consumer Motivation,” Journal of Marketing,Vol.14, No.5 (April), pp.666-674.
  • Britt,S. H. (1966), Consumer Behaviorand the Behavioral Sciences, John Wiley & Sons.
  • Brown,G. H. (1950),“Measuring Consumer Attitudes TowardProducts,” Journal of Marketing,Vol.14, No.5 (April), pp.691-698.
  • Brown,G.H. (1952), “Brand Loyalty-Fact or Fiction,” Advertising Age, 26(January),pp.75-76.
  • Brown, P. B. (1985), New? Improved? The Brand-nameMergers, Business Week, October 17,pp.74-76.
  • Buell, V. P. (1975), “The Changing Roleof the Product Manager in Consumer Goods Companies,” Journal of Marketing, Vol.39, No.3,pp.3-11.
  • Business Week,(1992), “CAFE AULAIT, A CROSSANT-AND TRIX,” Aug. 24th,pp.56-57.
  • Capon, N., P. Berthon, J. M. Hulbert, andL. F. Pitt (2001), “BrandCustodianship:  A New Primer for SeniorManagers,”European Management Review,Vol.19, No.3, pp.215-227.
  • Carpon, L. and J. Hulland (1999),”Redeployment of Brands, Sales Forces, and General Marketing ManagementExpertise Following Horizontal Acquisitions: A Resource-Based View,” Journalof Marketing, Vol.63, pp.41- 54.
  • Cateora, P. R. & S. Keaveny (1987), Marketing: An International Perspective,Richard D. Irwin Inc. (角松正雄監訳『マーケティングの国際化 ―グローバルな視野での行動―』文眞堂、1989年)
  • Chernatony, L. D. (1996), “2001-The Brand Management Odyssey,” Journal of General Management,Vol.21, No.4, pp.15-30.
  • Chernatony, L. D., C. Halliburton, and R.Benath (1995), “Internationalbranding: demand- or supply-driven opportunity?”InternationalMarketing Review, Vol.12 No.2, pp.9-21.
  • Chandler Jr., A. D. (1977), The Visible Hand:  The Managerial Revolution in America Business, TheBelknap Press of Harvard University Press(鳥羽/小林訳『経営者の時代』東洋経済新報社,1979年)
  • ChandlerJr., A. D. (1981), in Mayer, O. & Post, R. C(ed.)., Yankee Enterprise: The Rise of American System of Manufactures, SmithonianInstitution(小林達也訳『大量生産の社会史』東洋経済新報社,1984年)
  • Clewett,R. W. and S. F. Stasch (1975), “Shifting role for the product manager,” Harvard Business Review, Jan.- Feb., pp.65-73.
  • ColinF. N. and J. R. Taylor (1972), “Variables Affecting Sales of Family-BrandedProducts,” Journal of Marketing Research,9(Nov.), pp.419-422.
  • Collins,A. M. and E. F. Loftus (1975),”A Spreading Activation Theory of SemanticProcessing,” Psychological Review, 82, pp.407-428.
  • Connelly,M. (1998), “As brand, Saturn runs rings’ round the competition,” AdvertisingAge, April 6th, s4.
  • Converse,P. D. (1959), Fifty Years of Marketing in Retrospect,Bureau of Business Research, the Universityof Texas.(梶原勝美訳『アメリカ・マーケティング史概論』白桃書房,1986年)
  • Cosse,T. J. and J. E. Swan (1983), “Strategic Marketing Planning by ProductManagers-Room for Improvement?,” Journal of Marketing,Vol.48 ,No.3, pp.92-102.
  • Copeland,M. T. (1923), “Relation of Consumers’ Buying Habits to Marketing,”Harvard Business Review, Vol.1, pp.282-289.
  • Cunningham,R. M. (1956),”Brand Loyalty- What, Where, How Much?,” HarvardBusiness Review, 34 (January-February), pp.116-128.
  • Curry,D. J. (1985),”Measuring Price and Quality Competition,” Journal ofMarketing, 49 (Spring), pp.106-117.
  • Dacin,P. A. and D. C. Smith (19??), ” The Effect of Brand PortfolioCharacteristics on Consumer Evaluation of Brand Extension,” Journal ofMarketing Research, Vol.31, pp.229-242.
  • Day, G. S., A. D. Shocker, and R. K.Srivastava (1979),”Customer-Oriented Approaches to IdentifyingProduct-Markets,”Journal of Marketing, 43(Fall),pp.8-19.
  • Day, G. and L. Fahey (1988),”ValuingMarket Strategies,” Journal of Marketing, 52 (July),pp.45-57.
  • De Chernatony, L., C. Halliburton, and R.Benath(1995), “InternationalBranding: Demand-or Supply-driven Opportunity?”InternationalMarketing Review, Vol.12, No.2, pp.9-21.
  • Decker, C. L., Winning with theP&G 99, POCKET BOOKS, 1998.(市橋和彦訳『P&Gのブランド戦略』ダイヤモンド社,1999年)
  • Dietz, S. (1973), “Get more out of your brand management,” Harvard Business Review, July-August, pp.127-136.
  • Douglas, S. P., C. S. Craig, and E. J.Nijisen (2001), “Integrating Branding Strategy Across Markets: BuildingInternational Brand Architecture,”Journal of International Marketing, Vol.9, No.2,pp.97-114.
  • Dussart,C. (1998), “CategoryManagement: Strengths, Limits and Development,” European Management Journal, Vol.16 No.1,pp50-62.
  • Evans,G. H. (1964), The Product Manger’sJob, American Management Association, Inc.(菊野恒夫・梅沢昌太郎共訳『プロダクト・マネジャー』日本能率協会,1966年)
  • Esprey,J. (1989), “”The Big Four”: An Examination of theInternational Drinks Industry,”European Journal ofMarketing,Vol.23 No.9, pp.47-64.
  • Farquhar,P. H. (1989),”Managing Brand Equity,” Marketing Research, 1(September), pp.24-33. (青木幸弘訳「ブランド・エクイティの管理」『流通情報』No.287,1993年4月号,28-35頁;No.288, 1993年5月号, 26-31頁)
  • Farquhar, P. H., J. Y. Han, P. M. Herr, and Y. Ijiri(1992),“Strategies for Leveraging Master Brands: How to Bypass the Risk ofDirect Extensions,” Marketing Research,Vol.4,No.3(September), pp.32-43. (青木幸弘訳「支配的ブランドの潜在力を活用するための諸戦略」『流通情報』第289号, 1993年6月,33-38頁; 第290号, 1993年7月,20-27頁)
  • Farquhar, P. H., and Y. Ijiri (1993),“A Dialogue onMomentum Accounting for Brand Management,” International Journal of Researchin Marketing, Vol.10, pp.77-92.
  • Fligstein, N.(1990), The Transformation ofCorporate Control, Harvard University Press.
  • Fullerton,R. A. (1988), “How Modern is Modern Marketing? Marketing’s Evolutionand the Myth of the “ProductionEra”,” Journal of Marketing,Vo;.52,No.1, pp.108-125。
  • Fulmer,R. M. (1965), “ProductManagement:  Panacea or Pandora’s Box?” California Management Review,  Vol.7, No.4, pp.63-74.
  • Gardner,G. (1998), “The Jury is StillOut,”  WARD’S AutoWorld (May), pp.47-53.
  • Gardner,B. B. and S. J. Levy (1955), “The Product and the Brand,” HarvardBusiness Review, 33 (March-April), pp.33-39.
  • Gaughan,P. (1994), Readings in Mergersand Acquisitions, Blackwell Publishers.
  • Gaughan,P. (1999), Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (2nded.), JohnWiley & Sons.
  • Green,J. (1999), “GM’s Olds is Test-bed for IntegratedApproach to Brand Management,” BrandWeek, Oct. 11th, p.6.
  • Halllday,J. (1995), “Ford MotorReorganaizes Ford Unit By Demographic/Brand Teams,” Brand Week, Nov. 20th,  p.3.
  • Heskett,J. L., T. O. Jones, G. W. Loveman, W. E. Sasser, Jr., and L. A. Schlesinger(1994),”Putting the Service-Profit Chain to Work,” HarvardBusiness Review (March-April), pp.164-174.
  • Heller,N. (1956),“An Application of Psychological Learning Theory to Advertising,” Journal of Marketing,Vol.20,No.3 (Jan.), pp.248-254.
  • Hellofs,L. L. and R. Jacobson (1999),”Market Share and Customers’ Perceptions ofQuality: When Can Firms Grow Their Way to Higher Versus Lower Quality?,”Journal of Marketing, 63 (January), pp.16-25.
  • Hise,R. T., and J. P. Kelly (1978), “ProductManagement on Trial,” Journalof Marketing,Vol.42, No.4, pp.28-33.
  • Hudak,E. (1988), “Global Branding andSegmentation: Are They Interdependent?”The Journal of Consumer Marketing, Vol.5No.3, pp.27-34.
  • Hulbert,J. M., & L. Pitt (1996), “Exit Left Center Stage? The Future of FunctionalMarketing,” European Management Journal, Vol.14, No.1,pp.47-60.
  • Hutton, J. G. (1997),“A Study of BrandEquity in an Organizational-buying Context,” Journal of Product & Brand Management,Vol.6,No.6, pp.428-439.
  • Jacoby, J. and D. B.Kyner(1973),”Brand Loyalty VS. Repeat Purchasing Behavior,” Journal ofMarketing Research, 10 (February), pp.1-9.
  • Jacoby, J., J. C. Olson and R. A. Haddock(1971),”Price, Brand Name, and Product Composition Characteristics asDeterminants of Perceived Quality,” Journal of Applied Psychology, 55(December), pp.570-579.
  • John, D. R., B. Loken, and C. Joiner(1998),”The Negative Impact of Extensions: Can Flagship Products BeDiluted?,”Journal of Marketing, 62(January),pp.19-32.
  • John, E. (1928), The Trust Problem in the UnitedStates, Macmillan.
  • JosephN. F. (1967), “Family Branding and Consumer Brand Choice”, Journalof Marketing Research, 4(Aug.), pp237-47.
  • Hart,S and Murphy, J eds. (1998), Brands: The New Wealth Creation,MACMILAN PRESS Ltd.
  • Kamakura, W. A., and G. J. Russell (1993),“MeasuringBrand Value with Scanner Data,” International Journal of Research inMarketing, Vol.10, pp.9-22.
  • Kapferer,J. N. (1992), Strategic Brand Management, Kogan Page.
  • Kapferer,J. N. (1997), Strategic Brand Management 2nd ed., KoganPage.
  • Keegan,W. J. (1995), Global Marketing Management 5th edition,Prentice-Hall.
  • Keller,K. L. (1993),”Conceptualizing, Measuring, and Managing Customer-BasedBrand Equity,” Journal of Marketing, 57(January),pp.1-22.
  • Keller,K. L. and D. A. Aaker (1992), “The Effects of Sequential Introduction ofBrand Extensions”, Journal of Marketing Research,29(Feb.), pp.35-50.
  • Keller,K. L. (1998), Strategic Brand Management, Prentice-Hall,Inc.(恩蔵直人・亀井昭宏訳『戦略的ブランド・マネジメント』東急エージェンシー,2000年)
  • Kirmani,A., S. Sood, and S. Bridges (1999),”The OwnershipEffect in Consumer Responses to Brand Line Stretches,” Journal ofMarketing, 63 (January), pp.88-101.
  • Kotler,P. (1965),“Behavioral Modelsfor Analyzing Buyers,” Journalof Marketing, Vol.29 (Oct.), pp.37-45.
  • Knowlton,C. (1991), “EUROPE COOKS UP A CEREAL BRAWL,” Fortune, June3rd, pp.56-62.
  • Kotabe,M.and K. Helsen (2000), Global Marketing Management, JohnWilley & Sons, Inc.
  • Krugman,H. E. (1962),“The Learning ofConsumer Preference,” Journalof Marketing, Vol.26, No.2 (April), pp.31-33.
  • Kuehn,A. A. (1962),“Consumer Brand Choice as a Learning Process,” Journal ofAdvertising Research, Vol.2 (Dec.), pp.10-17.
  • Kuehn,A. A. and R. L. Day (1964),“Probabilistic Models of Consumer Buying Behavior,” Journal of Marketing,Vol.28, No.4 (Oct.),pp.27-31.
  • Kuznets,S. (1961), Capital in the American Economy,  Princeton University Press.
  • Lattin,J. M. and R. E. Bucklin (1989),”Reference Effects of Price and Promotionon Brand Choice Behavior,” Journal of Marketing Research, 26(August), pp.299-310.
  • Levy,S. (1959), “Symbol For Sale,” Harvard Business Review,July-Aug., pp.117-124.
  • Liberman,M. B. and D. B. Montgomery (1988), “First-Mover Advantage,”Strategic Management Journal, Vol.9, pp.41-58.
  • Lim,K. S. and M. A. Razzaque (1997),”Brand Loyalty and Situational Effects: AnInteractionist Perspective,” Journal of International ConsumerMarketing, 9, no.4, pp.95-115.
  • Linert, A., (1998), “Brand Management at the Big Three,” Management Review (May),pp.53-57.
  • Loken, B. and D. R. John(1993),”Diluting Brand Beliefs: When Do Brand Extensions Have a NegativeImpact?,” Journal of Marketing,57 (July),pp.71-84.(小畑彰子訳「ブランドの信念の希釈化:ブランド拡張がマイナスの影響を与えるのはいかなる時か」『マーケティング・ジャーナル』第63号,63-73ページ)
  • Low,G. S. and R. A. Fullerton (1994), “Brands, Brand Management, and the BrandManager System: A Critical-Historical Evaluation”, Journal of MarketingResearch, 31(May), pp.173-190.
  • Luck, D. J. (1969), “Interfaces of a Product Manager,” Journal of Marketing,Vol.33 (Oct.), pp.32-36.
  • Luck, D. J., and T. Nowak (1965), “Product Management?Vision Unfulfilled,” Harvard Business Review,May ? June, pp.143-154.
  • Machan,D. (1998), “Soap? Cars? What’s the difference?”Forbes, Sep. 7th,pp.108-112.
  • Mansfield,E., M. Schwartz, and S. Wagner (1981), “Imitation Cost and Patents: AnEmpirical Study,” The Economic Journal, 91, pp.907-918.
  • Maucher,Helmut (1992), Marketing ist Chefsache, Econ ExecutiveVerlags GmbH.(小泉摩耶訳『“グローバル経営”成功の秘訣』日本経済新聞社,1995年)
  • Meyer,R. J. (1982),”A Descriptive Model of Consumer Information SearchBehavior,” Marketing Science, Vol.1,No.1(Winter), pp.93-121.
  • Mindak,W. A. (1961),“Fitting the Semantic Differential to the Marketing Problem,”Journal of Marketing,Vol.25,No.4 (April), pp.28-33.
  • Mitchel,A. (1994), “Marketing New Model Army,” Management Today,March, pp.42-49.
  • Modlin,  G.M., and A. M. Mcisaac(1938), Social control of industry, D.C. Heath.
  • Moorhouse, M. (1990),“The Case for CapitalisingBrands,” in Michael Power(ed.), Brand and Goodwill Accounting Starategies,Woodhead-Faulkner.
  • Moein,J. A. (1975), “Shift from brandto product line marketing,” HarvardBusiness Review, Sep.- Oct., pp.56-64.
  • Mullen,M. and A. Mainz (1989),”Brands, Bids and Balance Sheets: Putting a Priceon Protected Products,” Acquisitions Monthly, 24(April), pp.26-27.
  • Murphy, J. ed.(1989), Brand Valuation, HutchinsonBusiness Books.
  • Murphy, J. (1994),“BrandPower: The Future,”inPaul Stobart (ed.), Brand Power,Macmillan Press, pp.241-255.
  • Narasimhan, C. and R. T. Wilcox (1998),”Private Labels and the Channel Relationship: A Cross-CategoryAnalysis.” Journal of Business,Vol.71(4),pp.573-600.
  • Nedungadi, P. (1990),”Recall andCustomer Consideration Sets: Influencing Choice without Altering BrandEvaluations,1″Journal of Consumer Research, 17, no.3(December), pp.263-276.
  • Nelson, P. (1974),“Advertising asInformation,” Journal of Political Economy, Vol.82,No.4(July-Aug.), pp.729-754.
  • Nelson, Ralph L.(1959), Merger Movements inAmerican Industry, 1895-1956, Princeton University Press.
  • Nicholas,I. (1997), The Corporate Brand, Macmillan Business.
  • Nilson,T. H. (1998), Competitive Branding, John Wiley& Sons.
  • Nystrom,P. (1915), The Economic of Retailing: Chapter 5(pp.70-100), Ronald Press, in Hollander, S. C. &Rassuli, K.M., (1993), Marketing: Volume , Edward ElgarPublishing Limited, pp.227-257.
  • Onkivisit,S. and J. J. Shaw (1989), “TheInternational dimensions of Branding: Strategic Considerations and Decisions,”International Marketing Review,Vol.6 No.3, pp.22-34.
  • Ourusoff, A. (1994),“Brands: What’s Hot.What’s Not,” FinancialWorld, August 2, pp.40-56.
  • Parsons,A. J. (1996), “Nestle: The Vision of local managers, An interview with PeterBrabeck-Letmathe, CEO elect, Nestle,”The Mckinsey Quarterly, No.2, pp.5-30.
  • Park,C. W., B. J. Jaworski, and D. J. Maclnnis (1986),”Strategic BrandConcept-Image Management,” Journal of Marketing,50(October), pp.135-145.
  • Park,C. W., Milberg, S., and R. Lawson (1991), “Evaluation of Brand Extensions:The Role of Product Feature Similarity and Brand Concept Consistency,” Journalof Consumer Research, 18(Sep.),pp.185-193.
  • Pessemier,E. A. (1959),“ANew Way to Determine Buying Decisions,” Journal of Marketing,Vol.24, No.2 (Oct.), pp.41-46.
  • Pessemier,E. A. (1964),“Forecasting BrandPerformance Through Simulation Experiments,” Journal of Marketing, Vol.28, No.2(April), pp.41-46.
  • Porter,M. E. ed., (1986), Competition in Global Industries,Cambridge, Mass.: Harvard Graduate School of Business Administration, (土岐坤・中辻満治・小野寺武夫訳『グローバル企業の競争戦略』ダイヤモンド社,1989年)
  • Porter,G. and H. C. Livesay (1969), “VerticalIntegration in American Manufacturing, 1899-1948,” The Journal of Economic History, Vol.29, No.3,pp.494-500.
  • Porter,G. and H. C. Livesay (1971), Merchantsand Manufactures, The John Hopkins University Press(山中/中野/光澤訳『経営革新と流通支配』ミネルヴァ書房,1983年)
  • Prendergast,G. P. and N. E. Marr (1997),”Generic Products: Who Buys Them and How AreThey Perceived?,” Journal of International Consumer Marketing, 9,no.4, pp.55-72.
  • Quelch,J. A., P. W. Farris, and J. M. Olver (1987), “The Product Management Audit,” Harvard Business Review, March -April,pp.30-36.
  • Quelch,J. A. and D. Harding (1996), “Brand Versus Private Labels: Fighting to Win,”Harvard Business Review, Jan.-Feb.,pp.99-109.
  • Roselius,T. (1971), “Consumer Ranking of Risk Reduction Methods,” Journalof Marketing, 35 (January), pp.56-61.
  • Rise,A. L. and J. Trout (1993), The 22 Immutable Laws of Marketing,Haper Collis Publishers.(新井喜三夫訳『マーケティング22の法則』東急エージェンシー,1994年)
  • Riesenbeck,H. and A. Freeling (1991), “HowGlobal are global brands?” TheMcKinsey Quarterly, No.4,pp.3-18.
  • Rosen,B. N., J. J. Boddewyn, and E. A. Louis (1989), “US Brands Abroad: An Empirical Study of Global Branding,”International Marketing Review,Vol.6 No.1, pp.7-19.
  • Rubel,C. (1996), “GM breaks tradition, hires outsiders as brand managers,”Marketing News, April 8th, pp.7-10.
  • Rumelt, Richard P.(1974), Strategy, Structure andEconomic Performance, Harvard University Press.
  • Schisgall,O. (1981), Eyes on Tomorrow:The Evolution of Procter & Gamble, J. G. FergusonPublishing Company.
  • Shalofsky,I. (1987), “Research for global brands,”EUROPEAN RESEARCH, Vol.15 No.2, pp.88-93.
  • Shaw, A. W., (1915), Some Problem in Market Distribution, HarvardUniversity Press(丹下博文訳『市場流通に関する諸問題』白桃書房,1992年)
  • Sheppard, Sir A. (1994),“Adding Brand Value,”in Paul Stobart (ed.), Brand Power,Macmillan Press, pp.85-101.
  • Shocker, A. D., R. K. Srivastava, and R.W. Ruekert (1994),”Challenges and Opportunities Facing Brand Management:An Introduction to the Special Issue,” Journal of Marketing Research, Vol.31 (May),pp.149-158.
  • Shutte, T. F. (1969), “The Semanticsof Branding,” Journal of Marketing, Vol.33,pp.5-11.
  • Simon, C. J., and M. W. Sullivan (1993),“TheMeasurement and Determinants of Brand Equity: A Financial Approrch,”MarketingScience, Vol.12, No.1 (Winter), pp.28-52.
  • Smith,A. L. and C. W. Park (1992), “The Effect of Brand Extensions on MarketShare and Advertising Efficiency”, Journal of Marketing Research,29(Aug.),pp.296-313.
  • Sorenson, R. Z. and U. E. Wiechmann (1975), HowMultinationals View Marketing Standardization, Harvard Business Review, Vol.53, May-June(茂木友三郎訳「マーケティングの標準化をめぐる多国籍企業の見解」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』1976年11-12月号,pp.72-81)
  • Srinivas K. R., L. H. Susan, and B. Subodh(1994),”To Extend or Not to Extend: Success Determinants of Line Extension”,Journal of Marketing Research,31(May), pp.243-262.
  • Srivastava,R. K. and A. D. Shocker (1991), Brand Equity: A Perspective on ItsMeaning andMeasurement, Working Paper, Graduate School of Business, Universityof Texas at Austin.
  • Steiner, P. O. (1975), Mergers, Motives, Effects,Policies, University of MichiganPress.
  • Stobart,P. (1994), Brand Power, Macmillan Press.(岡田依里訳『ブランド・パワー』日本経済評論社,1996年)
  • Stopford, J. M. and L. T. Wells (1972), Managing the Multinational Enterprise/Organization  of the Firms and Ownership of the Subsidiaries,Basic Books. (山崎清訳『多国籍企業の組織と所有政策』ダイヤモンド社、1976年)
  • Sullivan, M. (1990), “MeasuringImage Spillovers in Umbrella-Branded Product,” Journal of Business, 63,no.3,pp.309-329.
  • Sullivan, M. (1992), “BrandExtensions: When to Use Them”, Management Science,38(June), pp.793-806.
  • Sullivan,M. W. (1998), “How Brand Names Affect the Demand for TwinAutomobiles,” Journal of Marketing Research,Vol.35,pp.154-165.
  • Tanaka, Hiroshi (1993),“Branding in Japan,” in David A. Aaker and Alexander L.Biel (eds.), Brand Equity &Advertising: Advertising’sRole in Building Strong Brands, Lawrence ErlbaumAssociates,pp.51-63.
  • Tauber, Edward M.(1981),“Brand Franchise Extension:New Product Benefits From Existing Brand Names,” Business Horizons,Vol.24, No.2 (March-April), pp.36-41.
  • Tauber,E. M. (1988), “Brand Leverage: Strategy for Growth in a Cost-ControlWorld,” Journal of Advertising Research, 28(August-September),pp.26-30.
  • Thornton, William W.(1928), A Treatise onCombinations in Restraint of Trade: Sherman Act, July 2, 1890, Clayton Act, Oct..15,1914, Federal trade Commission Act, Sep.26, 1914, Webb-Pomerene Act,April 10, 1918, W.H. Anderson.
  • Udell,J. G. (1965), “Can AttitudeMeasurement Predict Consumer Behavior,”Journal of Marketing, Vol.29(Oct.), pp.46-50.
  • Vavra,T. G. (1992), After Marketing, Irwin(平原英夫・伊達勝治訳『失われた顧客』電通)
  • Watkins,T. (1986), The Economics of the Brand: A Marketing Analysis,McGraw-Hill Book Company Limited.
  • Webster,Jr., F. E. (2000), “Understanding the Relationships Among Brands, Consumers,and Resellers,” Journal ofthe Academy of Marketing Science, Vol.28, No.1, pp.17-23.
  • Westfall,R. (1962),“Psychological Factors in Predicting Product Choice,” Journal ofMarketing, Vol.26,No.2 (April), pp.34-40.
  • Whitelock,J., C. Roberts, and J. Blakeley (1995), “TheReality of the Eurobrand: An Empirical Analysis,” Journal of International marketing,Vol.3 No.3, pp.77-95.
  • Woods,Walter A. (1960),“Psychological Dimensions of Consumer Decision,” Journal ofMarketing, Vol.24,No.3 (Jan.), pp.15-19.
  • Wright,P. (1975), “Consumer Choice Strategies: Simplifying Vs. Optimizing,” Journalof Marketing Research, 7 (February),pp.60-67.
  • 青木幸弘(1995)「ブランド・エクイティ研究の現状と課題」『商学論究(関西学院大学)』第42巻第3号,39-64ページ。
  • 青木幸弘(1996)「ブランド体系の設計次元と編成原理」『マーケティング・ジャーナル』 第60号,27-41ページ。
  • 青木幸弘(1998)「ブランド・マネジメント論の変遷と課題」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』ダイヤモンド社,78-85ページ。
  • 青木幸弘・陶山計介・中田善啓編著(1996),『戦略的ブランド管理の展開』中央経済社。
  • 青木幸弘・小川孔輔・亀井昭宏・田中洋編著(1997),『最新ブランド・マネジメント体系』日本経済新聞社。
  • 青木幸弘・岸志津江・田中洋編著(2000)『ブランド構築と広告戦略』日本経済新聞社。
  • 青木幸弘・電通ブランドプロジェクトチーム(1999)『ブランド・ビルディングの時代』電通。
  • 青木幸弘・乳井瑞代(1997)「わが国におけるブランド評価・診断システムの開発動向(上)」『日経広告研究所報』175号,13-19ページ。
  • 青木幸弘・乳井瑞代(1998)「わが国におけるブランド評価・診断システムの開発動向(中)」『日経広告研究所報』176号,19-23ページ。
  • 青木幸弘・乳井瑞代(1998)「わが国におけるブランド評価・診断システムの開発動向(下)」『日経広告研究所報』177号,27-31ページ。
  • 青木幸弘・電通ブランドプロジェクトチーム(1999)『ブランド・ビルディングの時代』電通。
  • 青木幸弘・小林哲・田中洋(1999)「今,なぜブランドなのか」『流通情報』No.362,pp.26-36。
  • 秋元英一(1995)『アメリカ経済の歴史1492―1993』東京大学出版会。
  • 阿久津聡(1998)「ブランド構築のコンテクストとしての文化」『マーケティング・ジャーナル』第68号,30-41ページ。
  • 家山光雄(1966)『プロダクト・マネジャー制』ダイヤモンド経営実務全書。
  • 池尾恭一 (1994),「成熟消費社会におけるブランド戦略」『流通情報』第307号,4-13ページ。
  • 石井淳蔵(1993)『マーケティングの神話』日本経済新聞社。
  • 石井淳蔵(1995)「ブランドだけがブランドの現実を説明できる」『マーケティング・ジャーナル』第55号, 4-15ページ。
  • 石井淳蔵(1996)「ブランドのアイデンティティ」『マーケティング・ジャーナル』第60号,15-26ページ。
  • 石井淳蔵(1998)「ブランド・アイデンティティのダイナミックス」『国民経済雑誌』 第177号第5巻,13-26ページ。
  • 石井淳蔵(1999)『ブランド 価値の創造』岩波新書。
  • 石浜知行(1948)『アメリカ資本主義発達史』黄土社。
  • 石原武政 (1982)『マーケティング競争の構造』千倉書房。
  • 伊丹敬之 (1984)『新・経営戦略の論理』日本経済新聞社。
  • 伊丹敬之 (2001)「見えざる資産の競争力」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』7月号、62-72ページ。
  • 伊藤邦雄 (2000)『コーポレートブランド経営』日本経済新聞社。
  • 井上真里(2001a)「ブランド管理の新展開-対消費者/対投資家ブランド管理の相克-」明治大学大学院経営学研究科2000年度修士論文。
  • 井上真里 (2001b)「企業ブランド生成の動態」『経営学研究論集 (明治大学大学院)』第15号、287-309ページ。
  • 井上真里 (2002)「ブランド管理と『製品』 ―製品志向ブランド管理の論理―」『経営学研究論集(明治大学大学院)』第16号,465-485ページ。
  • 井上真里/田中洋(2003)「グローバル・ブランド管理の実態調査」田中洋/岩村水樹/真野俊樹/原田将/井上真里 /三浦ふみ『グローバルブランド・コミュニケーションの環境対応戦略:日本的ブランドコミュニケーション戦略はなぜ外国と異なるのか?』平成14年度吉田秀雄記念事業財団助成研究報告書、第4章。
  • 井上真里 (2003)「グローバル・ブランド管理の実態と研究課題 ―2つの定量調査を基調に―」『経営学研究論集 (明治大学大学院)』第19号、35-52ページ。
  • 薄井和夫 (1986)「R. S. バトラーの企業的マーケティング論について」『社会科学論集』第58号, 135-180ページ。
  • 薄井和夫 (1997)「マーケティング史研究の現状と課題に関する一考察 ―日米における研究動向の比較をふまえて―」『社会科学論集』第90号,13-42ページ。
  • 梅原秀継(2000),『のれん会計の理論と制度 無形資産および企業結合会計基準の国際比較』白桃書房。
  • 江森正文 (2000)「ネスレの国際経営」『NRI ResearchNEWS』, 7-8ページ(www.nri.co.jp/report/rnews/2000/pdf/rn20000904.pdf 2002年4月29日アクセス)。
  • 大石芳裕 (1990)「第4次M& Aブームの特徴 ―国際寡占間競争視角―」『佐賀大学経済論集』第23巻第4号,1-38ページ。
  • 大石芳裕(1993)「標準化論争の教訓」『佐賀大学経済論集』第26巻第1号, 1-34ページ。
  • 大石芳裕(2000)「グローバル・マーケティングの概念規定」高井眞編『グローバル・マーケティングへの進化と課題』同文館,第2章。
  • 大石芳裕(2000)「第5次M& Aブームの特徴」『経営論集(明治大学経営学研究所)』第48巻,第2号,67-98ページ。
  • 大石芳裕(2001)「グローバル・マーケティングの現代的課題」近藤文男/陶山計介/青木俊昭編『21世紀のマーケティング戦略』ミネルヴァ書房,第2章。
  • 大下明文 (2000)「選ばれるブランド棄てられるブランド」『実業の日本』,Vol.113,10-33ページ。
  • 岡田依里 (1998),「買収により取得した無形資産に関する一考察 -暖簾とブランドの区別を中心として-」『国民経済雑誌(神戸大学)』第178巻第1号,71-83ページ。
  • 岡田依里/福田淳児 (2000),「業績指標としてのブランド価値測定」『ブランド構築と広告戦略』日本経済新聞社,172-193ページ。
  • 小川孔輔 (1994)『ブランド戦略の実際』日本経済新聞社。
  • 小川孔輔・金沢良昭・田中洋 (1995)「ブランド拡張の成功条件」『マーケティング・ジャーナル』第59号, 31-43ページ。
  • 尾崎久仁博(1994)「チャネル・メンバーの細分化とブランド管理」『同志社商学』第46巻、第3号、46-71ページ。
  • オリバー、テレンス著、福永成夫訳 (1993)『ブランド価値の評価実務 経営戦略としてのブランド管理と運用』ダイヤモンド社。
  • 恩蔵直人 (1991)「ブランド数の増加と製品開発」『早稲田商学』第344号,119-138ページ。
  • 恩蔵直人 (1993)「ブランド資産とブランド戦略」『マーケティング・ジャーナル』第51号,46-56ページ。
  • 恩蔵直人 (1995)『競争優位のブランド戦略』日本経済新聞社
  • 恩蔵直人 (1996)「クーポンにおける新たな動向とマーケティングへのインパクト」『マーケティング・ジャーナル』第61号, 82-90ページ。
  • 恩蔵直人 (1997)『製品開発の戦略論理』文一総合出版。
  • 梶原雅己 (2000)「ネスレの戦略とマーケティング ~欧州多国籍企業の本質~」『Business Research』4月号, 74-83ページ。
  • 片平秀貴 (1994)「ブランド健康診断システム:ブランドの衰退をどう予知する」『マーケティング・ジャーナル』第53号, 4-12ページ。
  • 片平秀貴 (1998)「ネスレのブランド・エクイティ戦略」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』2月号,86-95ページ。
  • 片平秀貴(1998)『パワー・ブランドの本質』ダイヤモンド社。
  • 角松正雄(1964)「A. W.Shawと商業排除問題」『熊本商大論集』第18号,21-52ページ。
  • 金井優枝(1999)「ブランド研究の新展開に向けて:文献レビュー」『六甲台論集』第45巻第3号,21-38ページ。
  • 川辺信雄 (1975)「企業成長と流通戦略」『経営史学』Vol.9,No.3,pp.18-51。
  • 木下悦ニ (1989),「レーガン時代の世界経済についての一考察 -とくに, 発展基調の変化の視点から-」『経済研究(一橋大学経済研究所)』第40巻第2号,97-105ページ。
  • 國弘員人 (1947),『トラスト禁止法研究』同文舘。
  • 栗木契(1994)「マーケティング理論のフロンティア」『マーケティング・ジャーナル』第54号,59-71ページ。
  • 栗村俊夫(1994)「アメリカにおけるマーケティング史(2)」『経済論叢(京都大学)』第153巻第3・4 号,pp.56-71。
  • 経済産業省企業法制研究会 (2002)『ブランド価値評価研究会報告書』
  • 小坂恕(1997)『グローバル・マーケティング』国元書房。
  • 小林哲(1994)「ブランド連想に依拠したブランド活用戦略の構築」『マーケティング・ジャーナル』第54号,15-24ページ。
  • 小林哲(1994)「ブランド拡張の基本概念と戦略課題」『経営研究(大阪市立大学)』第45巻第3号,67-80ページ。
  • 小林哲(1997)「ブランド拡張のダイナミックス」『経営研究(大阪市立大学)』第48巻第3号,63-80ページ。
  • 小林哲(1998)「ブランドの意味構造分析:意味要素数と意味要素のタイプに焦点を当てて」 『マーケティング・ジャーナル』第69号,27-42ページ。
  • 小林哲(1999)「ブランド・ベース・マーケティング」『経営研究(大阪市立大学)』第49号第4号,113-133ページ。
  • 小林哲(2001)「グローバル・ブランド戦略」大阪市立大学商学部編『国際ビジネス』有斐閣,第8章。
  • 小宮和行(1993)『パリ発 資生堂グローバル・ブランドへの挑戦』実業之日本社。
  • 近藤文男(1967)「マーケティング論の生成」『経済論叢(京都大学経済学会)』第99巻第3号,60-77ページ。
  • 近藤文男 (1988)『成立期マーケティングの研究』中央経済社。
  • 斎木乃里子 (1997)「日本石鹸業界における初期:「花王石鹸」のブランド戦略」『経済論叢(京都大学)』第160巻第2号,pp.58-73。
  • 斎木乃里子 (1997)「「新装花王石鹸」のブランド戦略(1)」『経済論叢(京都大学)』第160巻第5・6号,pp.83-120。
  • 斎木乃里子 (1998)「「新装花王石鹸」のブランド戦略(2)」『経済論叢(京都大学)』第161巻第3号,pp.62-78。
  • 佐瀬隆夫 (1996),『現代のアメリカ経済 ―その光と影―』千倉書房。
  • 佐藤定幸 (1985),「80年代におけるアメリカ企業合併運動の特徴と問題点」『経済研究(一橋大学経済研究所)』第36巻第2号,193-203頁。
  • 佐藤定幸 (1989),「80年代末におけるアメリカ企業合併運動」『経済研究 (一橋大学経済研究所)』第40巻第2号,131-141頁。
  • 嶋口充輝/竹内弘高/片平秀貴/石井淳蔵 (1999)『ブランド構築』有斐閣。
  • 白石和孝 (1993),「ブランド会計をめぐる問題 -資産計上の論拠と評価方法-」『商経論集(北九州大学)』第29巻1・2号,1-27頁。
  • 白石和孝 (1997)『知的無形資産会計』新世社。
  • 鈴木圭介・中西弘次 (1971)「アメリカ資本主義の発展と鉄道業」『社会科学研究(東京大学)』第22巻第4号。
  • 鈴木雄也 (2000)「製品からブランドへ ―ブランド・アイデンティティ概念の意義―」『千里山商学 (関西大学大学院)』第50号, 81-108ページ。
  • 陶山計介 (1993)『マーケティング戦略と需給斉合』中央経済社。
  • 陶山計介 (1994)「アーカーのブランド・エクイティ概念に関する考察」『関西大学商学論集』第39巻第1号,43-72ページ。
  • 陶山計介 (1994)「ブランド・エクイティと「関係性」管理」『マーケティング・ジャーナル』第54号, 4-14ページ。
  • 陶山計介 (1997)「ブランド・アイデンティティと若干の戦略課題」『日経広告研究所報』171号, 17-23ページ。
  • 陶山計介 (1999)「ブランド連想の「危うさ」と統合コミュニケーション」『日経広告研究所報』182号。
  • 陶山計介・梅本春夫(2000)『日本型ブランド優位戦略』ダイヤモンド社。
  • ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス編集部 (1998)『ブランド価値創造のマーケティング』ダイヤモンド社。
  • 竹内淑恵・西尾チヅル (1998)「ブランド・エクイティと広告効果」『マーケティング・サイエンス』第6号第2巻, 67-90ページ。
  • 竹田志郎(1992)「国際マーケティングにおける販売経路構築の先行的役割に関する再論 ―在日外資系企業の分析を中心に―」『横浜経営研究』第13巻,第2号, 1-17ページ。
  • 竹村正明(2000)「ブランドマネジメント組織は,なぜ難しいか」『マーケティング・ジャーナル』第76号,39-49ページ。
  • 田中洋 (1996)「マーケティング基礎概念としてのブランド」『マーケティング・ジャーナル』第60号, 4-14ページ。
  • 田中洋 (1997)「ブランド主導型マーケティング・マネジメント論」『最新ブランド・マネジメント体系』日本経済新聞社、115-132頁。
  • 田中洋 (1998)「企業戦略におけるブランド管理の地位」『マーケティング・ジャーナル』69号,pp.4-14。
  • 田中洋 (1999)「『主体性確立』としてのブランド構築」『流通情報』No.361,pp24-31。
  • 田中洋/秋本裕次郎/岩村水樹/岡田浩一/小川浩孝/木戸茂/鈴木暁 (1998)「グローバル・ブランド管理戦略研究」1997年吉田秀雄記念事業財団助成研究報告書。
  • 田中洋/岩村水樹/真野俊樹/原田将/井上真里/三浦ふみ (2003)『グローバルブランド・コミュニケーションの環境対応戦略』2002年度吉田秀雄記念事業財団研究助成報告書。
  • 土山誠一郎 (1998)「ブランド評価形成における業種間差異」『日経広告研究所報』177号,37-41ページ。
  • 東京銀行(1990)『米国のM&A市場に関する調査研究』。
  • 中野安 (1975)『価格政策と小売商業』ミネルヴァ書房。
  • 中本悟 (1989),「アメリカの『双子の赤字』と株式市場 ―1980年代の株式市場の基本的性格―」『証券研究』第87巻,61-102頁。
  • 野中郁次郎・睦正(1987)『マーケティング組織』誠文堂新光舎。
  • 林尚毅 (1995)「日本多国籍企業と地域統括本社」『愛知論叢 (愛知大学大学院)』第58号、23-49頁。
  • 原田将(1999a)「ブランド拡張に関する基礎的考察」明治大学大学院『経営学研究論集』第10号,pp.123-141。
  • 原田将(1999b)「ブランド・アイデンティティ概念とその形成過程に関する基礎的考察」明治大学大学院『経営学研究論集』第11号,pp.285-312。
  • 原田将(2000a)「ブランド研究の意義と課題:ブランド価値の構造,形成,活用を視軸にして」明治大学大学院経営学研究科1999年度修士論文。
  • 原田将(2000b)「マーケティング生成期におけるブランド・マネジメントの特徴 ―環境要因を視軸にして―」『経営学研究論集(明治大学大学院経営学研究科)』第14号,pp.129-158。
  • 原田将 (2001)「ブランド管理の現代的形態」『経営学研究論集(明治大学大学院経営学研究科)』第15号,pp.29-56。
  • 原田将(2002a)「国際戦略提携におけるグローバル・ブランドの役割」明治大学経営学研究所『経営論集』第49巻第1・2合併号,pp.171-190。
  • 原田将(2002b)「グローバル・ブランド管理における本社の役割」明治大学大学院経営学研究科『経営学研究論集』第17号,pp.55-80。
  • 原田将(2003)「グローバル・ブランド管理における本社・子会社関係 ―α社の事例研究―」田中洋/岩村水樹/真野俊樹/原田将/井上真里/三浦ふみ『グローバルブランド・コミュニケーションの環境対応戦略』2002年度度吉田秀雄記念事業財団研究助成報告書,第3章(pp.86-106)。
  • 福田淳児 (2001)「ブランド/プロダクト・マネジメントに関する実態調査」『経営志林』第37巻、第4号、111-120ページ。
  • 藤本隆弘・武石彰 (1994)『自動車産業21世紀のシナリオ』生産性出版。
  • 星野朝子(1996)「ブランドスイッチを予知するためのブランドロイヤルティ分析 ―ABS法;ブランドスイッチ予測モデル―」『マーケティング・ジャーナル』第60号,42-60ページ。
  • 星野匡/川上育子(1995)『成功するブランド・マ-ケティング』日本経済新聞社。
  • 堀田一善(1976)「マーケティングの形成」白髭/下川編著『マーケティング論』日本評論社。
  • ホプキンス, トーマス H.著, 小野崎恒夫訳(1983),『企業買収・売却戦略』同文舘。
  • 松井和夫 (1985a),「企業合併記事からみた米国産業=金融再編成(1)」『証研レポート』第1301号,1-26頁。
  • 松井和夫 (1985b),「米巨大企業の『資産再展開計画』(4)」『証研レポート』第1314号,1-22頁。
  • 松井和夫/奥村皓一 (1987),『米国の企業買収・合併 M&A&D』東洋経済新報社。
  • 松元均(1998)「ブランド連想と『強いブランド』との関係」『日経広告研究所報』176号,37-41ページ。
  • 丸岡吉人(1998)「ラダリング法の現在:調査方法,分析手法,結果の活用と今後の課題」『マーケティング・サイエンス』第7号第1・2巻,40-61ページ。
  • 三浦俊彦・伊藤直史 (1999),「思考型/感情型製品類型と国際マーケティング戦略 -APD世界10地域消費者調査を題材に-」『マーケティング・ジャーナル』第72号,12-31頁。
  • 三浦信(1958)「マーケティング論の成立と展開」『商学論究(関西学院大大学)』第23号,33-58ページ。
  • 水尾順一(1998)『化粧品のブランド史』中公新書。
  • 光澤滋朗 (1987)『マーケティング管理発展史』同文舘。
  • 村松司叙 (1973),『企業合併論』同文舘。
  • 村松司叙 (1987),『合併・買収と企業評価』同文舘。
  • 村松司叙 (1993),『英国のM&A』同文舘。
  • 森樹男 (1995)「日本の海外進出企業における地域統括本社制の現状と課題」『弘前大学経済研究』第18号、75-89ページ。
  • 森下ニ次也(1959)「ManagerialMarketingの現代的性格について」『経営研究(大阪市立大学)』第40号, 1-28ページ。
  • 森下ニ次也(1977)『商業経済論〔改訂版〕』有斐閣ブックス。
  • 諸上茂登(1997)「グローバル・マーケティング戦略」諸上茂登・根本孝編『グローバル経営の調整メカニズム』文眞堂、第7章。
  • 諸上茂登(2000)「国際マーケティングにおける標準化/適応化フレーム」高井眞編『グローバル・マーケティングへの進化と課題』同文館、第7章。
  • 諸上茂登(2001)「国際マーケティング関連行動と企業グループ経営成果について」『明治大学商学論叢』第83巻第3号,121-146ページ。
  • 山川悟(1995)「創発的消費とマーケティング」『マーケティング・ジャーナル』第55号,38-45ページ。
  • 矢嶋剛(1998)「個別ブランドと企業ブランドの関係性」『日経広告研究所報』178号,35-40ページ。
  • 安室憲一 (1992)『グローバル経営論』千倉書房。
  • 吉崎弘高(1999)「P & Gのブランディング戦略を探る」『国際商業』4月号,86-91ページ。
  • 和田充夫(1998)『関係性マーケティングの構図』有斐閣。
  • OECD編, 山本哲三/平井英勝訳(1989),『M&Aと競争政策 合併規制の国際比較』日本経済評論社。