多国籍企業と異文化マネジメント

太田正孝 (2008), 『多国籍企業と異文化マネジメント』,同文館出版。

企業がグローバル化すればするほど,
「異文化を どのようにマネジメントするか」
が多国籍企業の課題となってきた。

規模の経済や経営効率のみを志向する単純なグローバル戦略
を施行する時代への反動から,
現在は国際ビジネスにおける異文化アプローチが大きな注目と
強い関心を集めている。

そして本書はこの点に関して,一定の示唆を示している。
2011年,後期では本書を議論の題材として用いていきます。

大石研究室