カテゴリー別アーカイブ: グマ研

【関連記事】「グローバル・マーケティング研究会」にみるグローバル化の課題

大石先生がWebコラム『世界経済評論IMPACT』の中で日本企業のグローバル化に関連した課題について論じています。大石先生が主催されているグローバル・マーケティング研究会は6月に100回を迎えます。グマ研の運営を通じて先生が見聞きした日本企業のグローバル化に際して抱える課題,悩みの一部が記されています。

世界経済評論IMPACT|「グローバル・マーケティング研究会」にみるグローバル化の課題
http://www.world-economic-review.jp/impact/article638.html

また,記事の中に出てきた『日経広告研究所報』の連載の詳細は下記の通りです。ご参照いただければ幸いです。

大石芳裕(2015a)「グローバル・マーケティング最前線(第1回)経営理念の重要性 : 良品計画の事例を中心に」『日経広告研究所報』,第49巻第4号(2015年8・9月号),42-47頁。
大石芳裕(2015b)「グローバル・マーケティング最前線(第2回)グローバルSTPの在り方 : ダイキンの事例を中心に」『日経広告研究所報』,第49巻第5号(2015年10・11月号),44-49頁。
大石芳裕(2015c)「グローバル・マーケティング最前線(第3回)複合化マーケティング : 味の素の事例を中心に」『日経広告研究所報』,第49巻第6号(2015年12月・2016年1月号),28-33頁。
大石芳裕(2016)「グローバル・マーケティング最前線(第4回)途上国におけるチャネルの競争優位性 : フマキラーの事例を中心に」『日経広告研究所報』,第50巻第1号(2016年2・3月号),50-55頁。

日経広告研究所|日経広告研究所報
http://www.nikkei-koken.gr.jp/report/reportList.php?reportid=0

第76回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第76回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

【第76回グローバル・マーケティング研究会】
日 時:2014年4月22日(火)18:30~20:30
場 所:明治大学グローバルフロント1階 グローバルホール

報告者:内川昭比古 氏 (日本フランチャイズ総合研究所・代表取締役社長)
報告題:「フランチャイズ・ビジネスのポイント」(仮)
参 考:内川昭比古著『フランチャイズ・ビジネスの実際』日経文庫,2005年初版。

研究会終了後,懇親会(ナポリの下町食堂)
男性4500円,女性3500円

<懇親会お申し込み>
懇親会へ参加を希望される方は下記のURLより,(1) ご所属,(2) ご氏名明記の上,「懇親会ご参加」の旨,お申し付けください。

http://gumaken.org/contact

予約・キャンセル締切:4/20(日)23:59

※この時間を過ぎてのキャンセルは会費を全額頂戴します。
※予約・キャンセルはこの時間までにお願いします。

大石研究室
グマ研事務局

第71回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第71回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

【第71回グローバル・マーケティング研究会】
日 時:2013年11月22日(金)18:30~20:30
場 所:明治大学リバティタワー2階 1021教室
※リバティタワー玄関を入りエスカレータで2階へ

報告者:山下充洋 氏(森永製菓執行役員・海外事業担当)
※マンダム・インドネシアで8年半社長,その後,同本社執行役員
報告題:「経営とは?経営者の在り方とは?」(仮題)

研究会終了後,懇親会(※要予約:ナポリの下町食堂)
男性4000円,女性3000円
予約締切:11/19(火)23:59

<懇親会お申し込み>
懇親会へ参加を希望される方は下記のURLより,(1) ご所属,(2) ご氏名明記の上,「懇親会ご参加」の旨,お申し付けください。

http://gumaken.org/contact

※「入会希望」と「お問い合わせ」の選択については「お問い合わせ」をご選択下さい。
※研究会参加の一報は不要です。

<関連情報>
山下充洋氏が日経ビジネスオンラインに寄稿したコラムの一覧です。
日経ビジネスオンライン「新興国市場で成功するための実践講座」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121002/237519/

2012年10月5日,「日本、日本企業、日本人は、新興国でも必ず勝てます!」
2012年10月9日,「結婚する前にできる限り喧嘩しておくんです」
2012年10月12日,「マーケットは“読む”より“感じろ”!」
2012年10月16日,「自分についてくると成長できると何度も何度も伝えてきました」
2012年10月19日,「海外進出におけるリーダーは、経営者的であるべし」
2012年10月23日,「強い流通網を構築するカギは取引先を儲けさせることから」
2012年10月26日,「日本の常識にこだわると売れるものも売れなくなる」
2012年10月30日,「何でも平等にするとエリートがやる気を失う」
2012年11月2日,「日本の常識がどこでも通用すると思い込んではいけない」
2012年11月6日,「自分達の勝ちパターンを腹に落としてから次の市場に出る」
2012年11月9日,「数字をつかめずして新興国経営はなし」
2012年11月13日,「価格競争に乗るのでは、生活者にいかに近づくかを考える」

第67回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第67回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

【第67回グローバル・マーケティング研究会
日 時:2013年6月25日(火)18:30~20:30
場 所:明治大学リバティタワー1階 1012教室

報告者:繁田奈歩 氏(infoBRIDGE代表取締役)
報告題:「難解なインド市場、インドの地の利、人の利、活かし方」
研究会終了後,懇親会(予約は既に締め切りました)。
※研究会は,どなた様も予約不要かつ無料で参加できます。 当日,直接会場へ起こしください。

Facebookイベントページ

前回のグマ研の様子は
にて紹介されています。
大石研究室
グマ研事務局

第66回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第66回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

【第66回グローバル・マーケティング研究会
日 時:2013年5月17日(金)18:30~20:30
場 所:明治大学リバティタワー10階 1103教室
※エレベータは奇数階にしか停まりません。 その後、エスカレータをご利用ください。

報告者:鈴木祥子氏(日本コカ・コーラ副社長)
報告題:「コカ・コーラのグローカライゼーション」
研究会終了後,懇親会(要予約,5/11土,第一次締切)

懇親会へ参加を希望される方は下記のURLより,
(1) ご所属,(2) ご氏名明記の上,「懇親会ご参加」の旨,お申し付けください。
http://gumaken.org/contact
※「入会希望」と「お問い合わせ」の選択については「お問い合わせ」をご選択下さい。

************************************
※研究会は,どなた様も予約不要かつ無料で参加できます。 当日,直接会場へ起こしください。

Facebookイベントページ

前回のグマ研の様子は
にて紹介されています。
大石研究室
グマ研事務局

第65回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第65回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

【第65回グローバル・マーケティング研究会
日 時:2013年4月24日(水)18:30~20:30
場 所:明治大学リバティタワー8階 1083教室

報告者:三枝富博氏(イトーヨーカ堂常務執行役員,中国総代表)
同日,役員会があるので帰国されており,報告していただきます。

※成都・北京のイトーヨーカ堂全体の統括責任者
題名:「中国市場の変化とイトーヨーカ堂の戦略」
※昨年からの短期的なコンフリクトは除きます

————–【注意事項】————————————————
①会場は8階でエレベータが直接停まりません。1階正面右側のエレベータで
7階へ上がり,エスカレータで8階にお上がり下さい。
会場のキャパが168名しかありません。早めにおいでになることと,その際,
中に詰めてお座りいただきますよう,お願い申し上げます。

②懇親会は今回は「予約制」にいたします。会場については改めてご案内しま
すが,だいたい男性4000円,女性3000円でいけると思います。もちろん報告
者である三枝さんも参加されます。非会員の方も予約願います。
予約締切:4/22(月)23:59
予約先:当ページ「入会希望/問い合わせ」ページより
(1) ご所属,(2) ご氏名明記の上,ご参加の旨,お申し付けください。

③4/15(月)NHK総合22:00~22:48の下記番組を是非ご覧ください。
疾風怒濤 中国に生きる 小売り経営・三枝富博
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html#20130415

疾風怒濤(しっぷうどとう) 中国に生きる小売り経営・三枝富博

巨大市場・中国で、熱烈な支持を集める日本の総合スーパーがある。
年間来客者数4500万人以上、「中国で最も成功した外資」と言われ、売り上げは
右肩上がりで伸び続けている。中国国内に14店舗展開するこのスーパーを 率いるのが、
三枝富博(63歳)。その経営手腕は高く評価され、5年前、中国政府が選ぶ「最優秀経営者」に、
外国企業からはただ1人表彰された。

16年前に中国に渡った三枝。こだわり続けてきたのが「地域に信頼される店である」ことだ。
08年の四川大地震では町が混乱する中、翌日には営業を再開。 地域の暮らしを支えた。
3年前、反日感情が高まった折、デモ隊にガラスを割られるなどの被害を受けたが、その後も地道な接客で少しずつ信頼を積み重ねてき た。
しかし、去年の尖閣問題に端を発した反日デモ以降、これまでの中でも最大の試練が
次々と三枝を襲っている。かつてない逆境の中、リーダーとしてどのような決断を下すのか。
最大の商戦となる春節(2月10日)に挑む、三枝に密着する。

———————————————————————————————-

※研究会は,どなた様も予約不要かつ無料で参加できます。
当日,直接会場へ起こしください。

Facebookイベントページ

前回のグマ研の様子は
にて紹介されています。
大石研究室
グマ研事務局

第64回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第64回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

【第64回グローバル・マーケティング研究会
日 時:2013年3月22日(金)18:30~20:30
場 所:明治大学リバティタワー1階 1011教室
正面玄関より,突き当りを右に進むと教室がございます。
報告者:宇都 宮毅 氏 (博報堂)
報告題:「インド・クリケット版『巨人の星』:スーラジ・ザ・ライジングスター」

宇都氏はインド版『巨人の星』:スーラジ・ザ・ライジングスターの仕掛け人の一人。
もう一人の仕掛け人,古賀義章氏のインタビュー記事のリンクを下記に記しておきます。
関連情報としてご覧いただければと思います。

東洋経済Online「巨人の星、インドで人気の理由」(2013年2月26日付記事)

※研究会は,どなた様も予約不要かつ無料で参加できます。
当日,直接会場へ起こしください。

Facebookイベントページ

前回のグマ研の様子は
にて紹介されています。

大石研究室
グマ研事務局