カテゴリー別アーカイブ: books

【関連書籍】『グローバル・ブランド・イメージ戦略:異なる文化圏ごとにマーケティングの最適化を探る』

furukawa

古川裕康 (2016)『グローバル・ブランド・イメージ戦略:異なる文化圏ごとにマーケティングの最適化を探る』白桃書房。

2014年度修了生の古川裕康先生(淑徳大学・助教(経営学博士))初となる著書が10月21日に出版されました。古川先生の博士学位請求論文を元に出版された学術書ですが,実務に対して具体的な示唆に富んだ良著だと拝察致します。

古川裕康(2016)『グローバル・ブランド・イメージ戦略:異なる文化圏ごとにマーケティングの最適化を探る』白桃書房。
https://www.amazon.co.jp/dp/4561662200

<内容紹介>白桃書房HPより
これまで日本企業は,良い製品を作ればどのような国や地域でも受け入れられ,世界で活躍する企業になれる,と思い込みがちだったが,これまでの失敗からそれだけでは不十分ということへの認識が高まってきている。
特にマーケティングにおいては,国・地域ごとで異なる消費者の特性を踏まえた施策の立案が求められている。

本書は,その前提となる,文化圏ごとのブランド・コンセプトに対する態度の違いに基づき,各国ごとに最適化し訴求すべきブランドイメージを理論的・実証的に探っている。
解析に当たっては,グローバルな日用品の各国ウェブサイトのテキスト分析を行うなど,ユニークな手法が使われている。
高度な分析がなされているが,理論編と実証編と分けられているため実務家にも読みやすくブランドマネジャーやグローバル・マーケティングの担当者には大変有用な書となろう。

<目次>白桃書房HPより
序章 海外進出企業の課題
1章 「良いモノを作れば売れる」は間違い

第1部 理論編
2章 GBI研究と戦略要素
3章 文化とGBI戦略

第2部 実証編
4章 機能的訴求の有効性
5章 観念的訴求の有効性
終章 グローバル・マーケティングへの指針

引用元:白桃書房HP<http://www.hakutou.co.jp/book/b251587.html>

文責:原木英一

『MOT教育の総合的研究』・『グローバル・マーケティングの新展開』が出版されました。

大石芳裕 著・編著の下記2冊が発刊されました。

『MOT教育の総合的研究』

高い技術力を持ちながら低い収益力にあえぐ日本企業。それに対するMOT(Management of Technology),
そして大学におけるMOT教育のあり方を,中国・インド・スウェーデンの事例も踏まえ論じている。

『グローバル・マーケティングの新展開』

本書は二部構成になっている。
第一部の「理論分析」ではグローバル・マーケティングの新展開とグローバル・ブランド管理の新展開について論じている。
第二部の「実証的分析」では,第一部で示されたグローバル・マーケティングの示唆的・理論的特徴を,
個々の産業あるいは企業の事例を挙げて分析している。

2013年度,前期の大学院グローバル・マーケティング特論では本書を用いて,討議しています。

大石研究室
古川裕康

多国籍企業と新興国市場

大石芳裕・桑名義晴・田端昌平・安室憲一監修,多国籍企業学会著 (2012),『多国籍企業と新興国市場』,文眞堂。

2012年度,後期のグローバル・マーケティング特論では本書を扱っています。

新興国を市場として捉えた際に直面する
多国籍企業の抱える諸問題,その解決策について議論しています。

参考:多国籍企業学会

大石研究室
古川裕康

グローバル・マーケティング入門

相原修・嶋正・三浦俊彦 (2009), 『グローバル・マーケティング入門』,日本経済新聞出版社。

2012年前期,大学院のグローバル・マーケティング得論(講義)では本書を扱っています。

グローバル・マーケティングの歴史・実態を
基礎的な観点から改めて考えるのに有用です。

2012年前期
大石研究室

多国籍企業と異文化マネジメント

太田正孝 (2008), 『多国籍企業と異文化マネジメント』,同文館出版。

企業がグローバル化すればするほど,
「異文化を どのようにマネジメントするか」
が多国籍企業の課題となってきた。

規模の経済や経営効率のみを志向する単純なグローバル戦略
を施行する時代への反動から,
現在は国際ビジネスにおける異文化アプローチが大きな注目と
強い関心を集めている。

そして本書はこの点に関して,一定の示唆を示している。
2011年,後期では本書を議論の題材として用いていきます。

大石研究室

国際的消費者行動論

『国際的消費者行動論』


九州大学出版会,2010年。

A.C.サムリ(A. Coskun Samli)氏の著書。
2010年度,後期グローバル・マーケティング特論で使用。

<原著>
International Consumer Behavior:
Its Impact on Marketing Strategy Development
International Consumer Behavior: Its Impact on Marketing Strategy Development
Quorum Books, 1995.

***************************************
概論まとめ

1.   文化の影響力

2.  文化の主要な特色10

3.  消費者行動の4グループ

Hofstedeの多文化社会理論

4.  文化研究

5.  国際的消費者行動モデル

6.  欲求階層の国際適用

7.  「和」(Wa),「人の和」(Inhwa),「関係」(Quanxi)

8.  イノベーション普及の国際的考察

9.  原産地イメージ

10.  国際市場細分化

11.  関与と国際的消費者

12.  消費者の学習パターン

13.   関与-学習マトリックス

14.   文化-普及マトリックス

15.   消費者行動と連動した包括的戦略代替案

***************************************

コークの味は国ごとに違うべきか

『コークの味は国ごとに違うべきか』
コークの味は国ごとに違うべきか
文藝春秋,2009年。

2010年度,前期にグローバル・マーケティング特論で使用。
議論が活発化した書籍。

ハーバード・ビジネススクール教授
パンカジ・ゲマワット (Pankaj Ghemawat) 氏の著書。

企業のグローバル戦略を
CAGE分析
ADDING価値スコア―カード
により分析するとともに,
なぜグローバル戦略を採用すべきかを明らかにしている。

そのうえで,具体的なグローバル戦略を
適応・集約・裁定という視点から提示している。

<原著>
Redefining Global Strategy:
Crossing Borders in A World Where Differences Still Matter

Redefining Global Strategy: Crossing Borders in A World Where Differences Still Matter
Harvard Business School, 2007.